生理痛専門の整体・鍼灸 大阪市北区浪花町このり鍼灸院

営業:月~土曜日 10:00~20:00(日曜定休)

メールでお問い合せ(24時間受付)

生理痛専門このり鍼灸院

大阪府大阪市北区浪花町10-12
堺筋・谷町筋の天神橋筋六丁目
駅13番出口より徒歩1分

TEL:070-5348-2184

お問い合せはコチラ

ブログ記事一覧

経血量

経血量の悩みは、ほかの人と比べることができないだけに気になります。量が増えたり、かたまりが出たり、そのときのホルモン分泌量によって毎回経血の状態は異なりますが、ときには病気のサインということもあります。
日頃から経血をチェックして、自分の体の変化を見逃さないようにしましょう。

経血量は個人や状況で大きく違う

自分の経血量が多いか少ないかは、気になるところですが、とても個人差があります。また、同じ人でも、そのときのホルモン状態によって、経血量が大きく違ってくることもあります。
ある程度の量の変化であれば、あまり気にすることはないでしょう。ただ、経血量が異常に 多くなったり、極端に少なくなった場合は、何かのサインかもしれません。

経血量が多い

寝るときに夜用のナプキンを重ねても下着やシーツまでよごれてしまったり昼間、昼用ナプキンを当てていて1時間ほどで経血があふれるような状態が続くのであれば、過多月経です。
これは、子宮内膜が通常よりも厚くなったり、子宮そのものが大きくなって、子宮内膜の量が増えている状態が疑われます。ホルモンの分泌異常の病気や、子宮筋腫などの病気の可能性も考えられます。

かたまりが出る

経血は子宮の内膜がはがれて出血が起こり、一度固まった血液が酵素の働きで再び溶かされて体外へ出たものです。
普通はかたまりのまま出てくることは無いのですが、子宮内膜が 厚すぎて酵素の量が足りずに溶かしきれない場合は、レバーのようなかたまりとして出てくることがあります。
これは子宮内膜を成長させる女性ホルモンの分泌が多いことが主な原因で、性的に成熟した20代後半や30代には決してめずらしいことではありません。
ただ、あまり頻繁にかたまりが出る場合は、子宮筋腫など病気のサインとも考えられますので注意しましょう。

量が多いときのケア

量が多いという人は、貧血に十分に気をつけることが大切です。貧血になると、カラダがだるく疲れやすくなり、耳鳴り、動悸(どうき)、息切れ、めまいなどを引き起こします。
日頃からほうれん草やレバーなど鉄分の多い食事をとるようにしましょう。

量が多いときに気をつけたい病気

過多月経の場合は、子宮筋腫や子宮腺筋症などの病気が隠れていることも少なくありません。子宮筋腫は子宮に良性のこぶのようなものができる病気です。
子宮腺筋症は子宮筋層に子宮内膜と同じような組織が増えていくもので、どちらの病気も進行すると、排尿・排便障害、腹痛、不妊症などを引き起こすこともあります。
経血量が急に増えたり、だんだん量が多くなっていると感じたときははやめに婦人科を受診した方がよいでしょう。

経血量が少ない

経血量が少なくなる原因でまず考えられるのは、卵巣の働きが悪くなっている場合です。卵巣機能低下の原因はストレスです。
規則正しい食事と、睡眠を十分にとって疲労回復に努め、なるべくストレスをためない ようにしましょう。

経血の色がヘン

経血の色が薄く、朱色っぽくなっている場合は、貧血の可能性があるので、気をつけたい色です。
一方、黒っぽい色は、経血が膣のなかにしばらくたまり、スムーズに体外へ排出されずに血液が酸化すると見られる色です。
また、おりものと混ざると茶色っぽい色になることもあります。

経血が途中で止まる

月経中に経血の流れが一旦止まって、再び出てくるという人がいます。これは子宮がうしろに傾いている子宮後屈の人によくみられること。
また、たとえ子宮の位置が正常であっても、子宮の奥や膣にたまっていた経血が、月経後半になってまた出てくることはよくみられます。

経血量にお悩みがある方 は当院が全力で解決していきます。鍼灸治療であなたの体を改善させ日々の不安を取り除いていきます。

生理痛でお悩みの方、ぜひ一度ご相談ください。

TEL:070-5348-2184

メールでお問い合わせ(24時間受付)

LINEに追加