生理痛専門の整体・鍼灸 大阪市北区浪花町このり鍼灸院

営業:月~土曜日 10:00~20:00(日曜定休)

メールでお問い合せ(24時間受付)

生理痛専門このり鍼灸院

大阪府大阪市北区浪花町10-12
堺筋・谷町筋の天神橋筋六丁目
駅13番出口より徒歩1分

TEL:070-5348-2184

お問い合せはコチラ

ブログ記事一覧

無月経でお悩みの方

無月経は生理がなく生理特有の痛みやしんどさなどもないことや病院に行く恥ずかしさなどから放置してしまう方が多いです。 しかし、もともとあるはずの生理がなくなってしまうことはとても危険ですので注意が必要です。 無月経をほっておくとこんな事が起こります。

  • 妊娠がしにくくなる。
  • 更年期障害のような症状が出る(骨粗鬆症など)。
  • 髪、肌、爪や女性らしいラインなど美容の面で悪影響が出る。

これでも放っておいていいんですか? 治療に行くまでの期間が長ければ長いほど治りにくくなっていき最後には若年性閉経となってしまい卵巣の機能が完全に止まってしまいます。

LINE@に追加

無月経の種類

無月経には大きく分類すると2つに分けられます。
原発性無月経続発性無月経に分けられ
原発性無月経は18歳まで一度も月経がない状態をいい
続発性無月経はそれまであった月経が3カ月以上きていない状態をいいます。

無月経の原因

原発性無月経の場合

カルマン症候群

視床下部に生まれつき先天性の障害がありエストロゲンやプロゲステロンなどが正常に分泌されず無月経になります。

ターナー症候群

ターナー症候群とは染色体が1本少ない染色体異常で女性の2500人に1人の発生頻度と言われています。
第2次性徴が起きないのが特徴で身長は140cmと小柄になり性腺の発育不全で卵巣などが機能を停止してしまい最終的に早期閉経に至ります。

精巣性女性化症候群

もともと染色体上は男性ですが男性ホルモンがうまく機能せず男性器が発達せず見た目が女性になりますがもともとが男性なので子宮が存在せず無月経となります。
副腎性器症候群(先天性副腎過形成)などホルモンの合成に関わる異常でアンドロゲンが過剰に作られて女性の男性化が起こり排卵障害が起きて無月経になります。

続発性無月経の場合

無理なダイエット

極端なダイエットをした為、月経が止まってしまったという人はとても多く、とくに若い女性に多いです。
人間の体のなかでは、生命を維持するためにさまざまな臓器が働いています。もっとも大切なのが心臓や肺、脳などで、子宮や卵巣などの生殖機能は、直接本人の生命維持に関係する器官ではありません。
そのため、ダイエットで栄養不足になると、心臓などへ先に栄養が回され、生殖機能はあと回しになります。その結果、卵巣は働けず 、無月経になってしまいます。


急激な体重増加

急激に体重が増えることによってもホルモンバランスが崩れてしまいエストロゲンの分泌が多くなりすぎ脳が卵巣の働きを抑えてしまい生理がとまってしまい無月経になってしまいます。


高プロラクチン血症

妊娠中や出産後に多く分泌されるホルモンで乳腺を発達させたり子宮を収縮させるホルモンで妊娠していないのにそのホルモンが何らかが原因で大量に放出されてしまいその結果生理が止まってしまいます。


シーハン症候群

出産時に大量に出血してしまい視床下部と下垂体をつないでいるところに血栓ができてしまいうまくホルモンが分泌されなくなってしまい生理が止まってしまいます。


多嚢胞性卵巣症候群

多嚢胞性卵巣症候群は、卵巣の中に卵胞(卵子の入った袋)がいくつもでき、排卵障害を引き起こす病態のことで生理のある女性の約6~8パーセントにみられるとされています。
卵巣には卵細胞がたくさんありますが、一般的には、月にたったひとつずつが成熟し、その卵子が排卵されます。卵細胞は卵胞に包まれており、成熟する過程でこの袋が大きくなっていき、大体2㎝ほどになると破裂して排卵が起こります。
多嚢胞性卵巣症候群の場合は、この袋が卵巣の中にたくさん出来、そこそこ大きくはなるのですが、破裂して排卵されるまでには至らないために、卵巣の中に未熟な卵が残ってしまい排卵が起こりにくくなり無月経になってしまいます。


過度な運動

女性アスリートの悩みでもありますが、激しいスポーツにより、無月経になることもあります。
マラソンや新体操など体脂肪を落とすことが求められるようなスポーツを続けていると、無理なダイエットの場合と同じように、カラダが生存に直接影響のない生殖機能をストップさせて、他の臓器を守ろうとしてしまいます。
しばらくスポーツをお休みしたら、また月経が再開したという人も。無月経が長引くと、妊娠しづらくなる場合もあるので、気をつけましょう。


脳の使いすぎ

勉強や仕事で脳を使いすぎると脳が疲労してしまいホルモンを出す所まで手が回らなくなってしまい生理機能が停止してしまい無月経になってしまいます。


治療法

病院での治療法は基本的にホルモン療法となります。 薬の違いや治療の仕方の違いはありますがどれも少なからず副作用があり治療で服用する場合は何カ月も服用しなければならず大変辛い思いをする可能性があります。
当院では皆様にできるだけ回復していける機会を提供していくこと少しでも回復する期間を早めることを目指しできる限り自然な状態にしていくことを目標にしています。
その為に、一人ひとりしっかりと話を聞きどこに原因があるのかを探しその人に合った治療法をしていきます。
そして、鍼灸には副作用で悩まされることもなく自己免疫力を高め本来持っている力を引き出す事が出来るのですごく効果的です。

生理痛でお悩みの方、ぜひ一度ご相談ください。

TEL:070-5348-2184

メールでお問い合わせ(24時間受付)

LINE@に追加